マハリシ・アーユルヴェーダの20のアプローチ

行動

マハリシ・アーユルヴェーダの時間帯の図

 

現代医学にはいまだに健康的な行動に関する包括的な理論がないのであるが、このような理論はマハリシ・アーユルヴェーダには不可欠である。

自然法の働きには規則的な周期がある。

昼と夜のリズムや季節のリズムがある。

これらの自然の周期に調和して生きることによって、私たちは自然法の力に逆らうのではなく、それと調和して働くことができる。

いつ起きていつ休むべきか、いつ運動していつ瞑想すべきか、いつ働いていつ食べるべきか、こういった事柄に関してマハリシ・アーユルヴェーダは簡単なアドバイスを提供している。

マハリシ・アーユルヴェーダの季節帯の図

 

ヴァータ、ピッタ、カファのサイクル

日々の過ごし方

一日の時間に従った適切な食事

自然のサイクルに従った生活

季節の過ごし方

年齢個人の健康状態に応じた生活