マハリシ・アーユルヴェーダの20のアプローチ

脈診

マハリシ・アーユルヴェーダの脈診の写真

マハリシ・アーユルヴェーダの訓練を受けた医師は、患者に対する標準的な病歴調査と身体検査に加えて、脈診というユニークなシステムを利用する。

また、自分の脈をチェックする方法を学ぶことも可能である。

一日の様々な時間に自分の脈を調べれば、一時的にドーシャが増えたり減ったりする様子を見ることができる。

どんな活動がドーシャのアンバランスを起こしやすいか、あるいはバランスを回復する助けになるか、という理解も得られる。

1つの交換台からビルの中の全ての電話に話すことができるように、脈診によって体のあらゆる所での活動を知ることができる。

基本的な脈の取り方は、マハリシ総合教育研究所のセンターで学ぶことができる。