マハリシ・アーユルヴェーダの20のアプローチ

マハリシ・ヤギャ — 問題を予防し幸運を高める

マハリシ・ヴェーダ・パンディット朗唱の写真

 

ヤギャは原初音やサンスクリット語の発音と同じ原理に基づいている。

悟りに達した見者たちが認知した音の順序は、自然の根本的な諸法則の青写真に相当し、「宇宙のDNA」ともいえるものである。

物理学者たちは「宇宙の規律」について語る。

それは被造会を構成している、数学的に記述可能な自然の諸法則のことである。

マハリシの説明では、リク・ヴェーダをはじめとする中心的なヴェーダ文献の複雑な音のパターンが、まさにこの宇宙の規律である。

情報は、発音、音の抑揚、順序、リズムのパターンなどによって伝えられる。

自然のどの法則も、それぞあれの独特のパターンを持っている。

マハリシ・ヤギャは、パンディットと呼ばれる、ヴェーダの知識に習熟した専門家たちのグループによって行われる。

彼らは特定の作法に従って、これらのヴェーダの音を詠唱する。

その行為は、詠唱されたヴェーダの音に対応する特定の自然法則を活性化し、環境全体にバランスをもたらすと言われている。

ヤギャは、個人のため、グループのため、国家のため、世界全体のために行うことができる。

どのようなヤギャを行うかは、ジョーティシュの計算に基づいて選ばれることが多い。

ジョーティシュで予測された、まだ現れていないアンバランスを修正するために、ヤギャを用いるのである。

ヤギャの相対的な効果は、それを行うパンディットの人数と、彼らの意識の純粋性に比例する。